本文へジャンプ

HOMEの中の岐阜市観光情報の中の観光名所の中の真長寺
岐阜市観光情報:観光名所

真長寺

真長寺
 真言宗の古刹で、行基の創建と伝えられる。往古は洞泉山真長寺と称していたが、天文4年(1535年)近松光保の弟、吽阿上人が再興して三輪山真長寺と改めた。
 本尊の釈迦如来坐像は、国指定重要文化財に指定されており、像高2.82m、光背3.21m、台座84.8cmで桂材の寄木造りで、表面に厚く漆がかけてあり、藤原時代の作である。
 また、石庭は岐阜市指定名勝となっている。

詳細

所在地

岐阜市三輪778-1

アクセス

JR岐阜駅(13番乗り場)または名鉄岐阜駅(4番乗り場)「N33三輪釈迦前・N72中濃庁舎」行バス乗車。「三輪釈迦前」バス停下車すぐ
料金:720円
運行間隔:約50分毎 所要時間:55分

地図



前のページへもどる

ページの先頭へもどる