本文へジャンプ

HOMEの中の岐阜市観光情報の中の観光名所の中の三田洞弘法(法華寺)
岐阜市観光情報:観光名所

三田洞弘法(法華寺)

三田洞弘法(法華寺)
三田洞弘法(法華寺)
宗派は高野山真言宗で正式名称は霊鷺山法華寺。弘仁7年(816年)に弘法大師が創建。2つの頭と8本の腕を持つ珍しい両頭愛染明王坐像を所蔵しています。元和9年(1623年)に再建された境内は、庭を主にした作りで、本堂は池を渡り階段を上ったところにあります。
「三田洞の弘法さん」として親しまれ、境内にある池には蓮の花が咲き、大きな鯉が泳ぎ、訪れただけで癒される気分に。春のさつき、秋の紅葉も見事で四季を通じて楽しむことができます。また弘法大師が植えたという菩提樹があり、天然記念物に指定されています。

詳細

拝観料

無料

拝観休み

無休

アクセス

JR岐阜駅(10番乗り場)または岐阜バスターミナル(C乗り場)から「K51三田洞団地」行バス乗車。「三田洞弘法」下車徒歩5分
料金:片道360円
運行間隔:約60分毎 所要時間:35分

駐車場

有り

住所

岐阜市三田洞131

電話

058-237-3812

地図



前のページへもどる

ページの先頭へもどる