本文へジャンプ

HOMEの中の岐阜市観光情報の中の観光名所の中の城跡めぐり
岐阜市観光情報:観光名所

城跡めぐり

古くから交通の要衝として、天下を治める上で欠くことのできなかった美濃国、現在の岐阜市には岐阜城をはじめとして多くの城が築かれました。現存するのは土塁のみであったり、それすらも残っていない城も少なくありません。しかしそこには連綿と息づく歴史があり、そこに生きた人々の生活がたしかにあったのです。城跡めぐりは、そんな異なる時代の息吹を感じることができます。

加納城跡

加納城跡
加納城跡
岐阜城に代わって、江戸時代初期に岐阜の中心として栄えた平城。今は本丸と一部の石垣だけが残っています。

鷺山城跡

鷺山城跡
鷺山城跡
斎藤道三が隠居所とした城。鷺山城があった鷺山への入り口にある北野神社では城の礎石といわれる大きな石を見ることができます。

川手城跡

川手城跡
川手城跡
室町時代に美濃の守護となった土岐氏が築城した城で、斎藤道三が稲葉山城へ移すまでの美濃の本城。今は城跡碑が残されています。

黒野城跡

黒野城跡
黒野城跡
斎藤氏、織田氏、豊臣氏に仕えた加藤貞義が築いた城。城跡には高さ5m余りの土塁と周囲の堀が残り、現在は公園になっています。

長森城跡

美濃の守護職を11代に渡って務めた土岐氏の居城。川手城へ移るまで拠点とした場所で、今は城跡碑が残されています。

前のページへもどる

ページの先頭へもどる